スクロヴァチェフスキ/ザールブリュッケン放送響によるベートーヴェン交響曲第9番「合唱」


ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」
 スクロヴァチェフスキ/ザールブリュッケン放送交響楽団
 Oehms 2005年 OC525
OC525

先日スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮NHK交響楽団によるベートーヴェンの第九演奏会に足を運んだ。こと解釈の徹底という点では多少なりN響に下駄を預けたような印象も伺われたものの、すこぶる立派な第九であり、聴き終えて満ち足りた思いだった。

だからというわけではないが以前エームスからリリースされたザールブリュッケン放送響との第九のCDにあらためて耳を傾けたくなった。解釈の徹底という点では本録音に勝るものはないはずだ。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.