ブロムシュテット/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管によるブルックナー交響曲第3番


ブルックナー 交響曲第3番
 ブロムシュテット/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
 Querstand 2010年ライヴ VKJK1017
VKJK1017

ヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の演奏によるブルックナー交響曲第3番(1873年第1稿)。独クヴェルシュタントの新譜。2010年9月ゲヴァントハウス大ホールでのライヴ録音。

このコンビのブルックナーの新譜としては昨年の交響曲第5番以来のリリース。その前は6番だったから今回は4番かと思いきや3番、それも初稿版での2度目の録音というからよほど思い入れがあるのかもしれない。

それにしてもドイツ人の指揮者とドイツのオケの顔合わせによる本場のブルックナーの録音というのは昨今めっきり少なくなった感がある。ほぼ孤軍奮闘のブロムシュテット/ゲヴァントハウス、他にはティーレマン/ドレスデンくらいだろうか。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.