ムラロとミュンフン/フランス国立放送フィルによるラヴェルのピアノ協奏曲


ラヴェル ピアノ協奏曲ほか
 ムラロ(pf) ミュンフン/フランス国立放送フィル
 グラモフォン 2010年ライヴ・2011年 4764669
4764669

ロジェ・ムラロのピアノ演奏とチョン・ミュンフン指揮フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団の伴奏によるラヴェルのピアノ協奏曲。独グラモフォンの新譜。2010年4月パリでのライヴ録音。他の収録曲としてムラロのピアノ演奏によるガーシュインの3つの前奏曲、ストラヴィンスキーの4つのエチュードより第3&第4番、フォーレの夜想曲より第1番&第4番、およびラヴェルの「風に」「ラ・ヴァルス」が含まれており、いずれも2011年7月パリでのセッション録音。

ムラロはフランス近現代ピアノ曲演奏のエキスパートとして知られる。ミュンフン/フランス国立放送フィルは昨年末にリリースされた「展覧会の絵」での卓越を極めたラヴェルの味わいが忘れ難い。この両者の共演は是非とも聴いてみたいと思い入手した。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.