クルト・ザンデルリング/ベルリン・ドイツ交響楽団によるモーツァルトの39番とベートーヴェンの「田園」


モーツァルト 交響曲第39番
&ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」
 クルト・ザンデルリング/ベルリン・ドイツ交響楽団
 ヴァイトブリック 1991年ライヴ SSS0101
SSS0101

クルト・ザンデルリング指揮ベルリン・ドイツ交響楽団(旧ベルリン放送交響楽団)の演奏によるモーツァルトの交響曲第39番およびベートーヴェン交響曲第6番「田園」。ヴァイトブリックの新譜。1991年12月ベルリン、シャウスピールハウスでのライヴ収録。

今年の9月に98歳で没した名匠ザンデルリングの新たなライヴ録音のリリース。オケはベルリン・ドイツ響(この録音の当時はベルリン放送響の名称だった)。このオケとの録音は珍しいはず。晩年のザンデルリングならではの懐の深い演奏が聴けるだろうか。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.