ジュリーニ/コヴェント・ガーデン王立歌劇場のロッシーニ「セヴィリャの理髪師」1960年ライヴ


ロッシーニ 歌劇「セヴィリャの理髪師」全曲
 ジュリーニ/コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
 ICAクラシックス 1960年ライヴ ICAC5046
ICAC5046

カルロ・マリア・ジュリーニ指揮コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団の演奏によるロッシーニの歌劇「セヴィリャの理髪師」全曲。ICAクラシックスの新譜。1960年5月のロンドン、ロイヤル・オペラ・ハウスでのライヴ。フィガロ:ローランド・パネライ、ロジーナ:テレサ・ベルガンサ、アルマヴィーヴァ伯爵:ルイジ・アルヴァ。

今年から活動を開始したICAのレーベルは往年の音楽家の貴重なライヴ音源を次々とリリースしているが、このロイヤルオペラでの「セヴィリャの理髪師」も然り。稀代のメゾ・ソプラノ歌手ベルガンサの実力を一躍知らしめた記念碑的舞台のライヴとされている。

ベルガンサのロジーナを良好な音質で聴けるCDとしてはクラウディオ・アバド指揮ロンドン交響楽団の演奏による、あまりにも有名な「セヴィリャの理髪師」全曲盤が挙げられる。

POCG-263940
ロッシーニ 歌劇「セヴィリャの理髪師」全曲
 アバド/ロンドン交響楽団
 グラモフォン 1971年 POCG-2639/40

周知のようにロジーナは本来ロッシーニがアルト歌手のために書いた役でありながら、同時にコロラトゥーラ・ソプラノ並の超絶的歌唱力が要求される難役でもあり、ベルガンサのようなコロラトゥーラ・メゾ・ソプラノでなければ完璧には歌いこなせない。上記アバド盤で披歴されているベルガンサのパーフェクトな歌唱も確かに素晴らしいが、これにはスタジオ録りの恩恵も多少あると思われる。そのあたりを今回のライヴ録音できちんと聴いてみたい。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.