「トスカニーニ・コンプリートRCAコレクション」CD27の感想


ケルビーニ:交響曲ニ長調
 (1952年3月10日, カーネギー・ホール)
ケルビーニ:歌劇「アリ・ババ」序曲
 (1949年12月3日, Studio 8H)
ケルビーニ:歌劇「アナクレオン」序曲
 (1953年3月21日, カーネギー・ホール)
ケルビーニ:歌劇「メデア」序曲
 (1950年2月18日, Studio 8H)
チマローザ:歌劇「秘密の結婚」序曲
 (1943年11月14日, Studio 8H)
チマローザ:歌劇「計略結婚」序曲
 (1949年11月12日, Studio 8H)
 アルトゥーロ・トスカニーニ指揮NBC交響楽団
88697916312

トスカニーニの得意とするイタリアの作曲家の作品集だが、全体的に音質が冴えないせいか、いまひとつ精彩に欠ける。ケルビーニの交響曲とアナクレオン序曲はモヤッとした音質ゆえかパンチ力不足に聴こえるし、「アリ・ババ」「計略結婚」は音の彫りが浅く、「秘密の結婚」は鮮明度不足。この中でのベストは「メデア」。オンマイクの迫力ある響きが素晴らしい。

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.