ゲルギエフ/マリインスキー劇場管弦楽団によるショスタコーヴィチ交響曲第8番(再録音)


ショスタコーヴィチ 交響曲第8番
 ゲルギエフ/マリインスキー劇場管弦楽団
 Mariinsky 2011~13年 MAR0525
MAR0525.jpg

ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団の演奏によるショスタコーヴィチの交響曲第8番。Mariinskyレーベルの新譜。2011~13年サンクト・ペテルブルク、マリインスキー・コンサート・ホールでのセッション録音。

前回の交響曲第7番「レニングラード」がリリースされた際にいっそのこと現レーベルでの録音チクルスのみで交響曲全集を完成させてもいいのではとブログに書いたが、今回こうして8番の再録音がリリースされたことで、かなり現実味が高くなったように思う。

このコンビの現在のレベルからすると、音質面も含めて後世に残る珠玉のショスタコーヴィチ交響曲全集になるような気がする。今後も着実なリリースを期待したい。

ベッカー=ベンダーによるヒンデミットのヴァイオリン・ソナタ集


ヒンデミット ヴァイオリン・ソナタ集
 ベッカー=ベンダー(vn)、ナジ(pf)
 Hyperion 2012年 CDA68014
CDA68014.jpg

ターニャ・ベッカー=ベンダーのヴァイオリンとペーテル・ナジのピアノによるヒンデミットのヴァイオリン・ソナタ集。英ハイペリオンの新譜。2012年ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッション録音。

ベッカー=ベンダーは前回リリースのレーガーのヴァイオリン協奏曲が素晴らしかったので今回のヒンデミットも早速入手した。

ユジャ・ワンとドゥダメル/シモン・ボリバル交響楽団によるラフマニノフとプロコフィエフのピアノ協奏曲集


ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番
&プロコフィエフ ピアノ協奏曲第2番
 ユジャ・ワン(pf) ドゥダメル/シモン・ボリバル交響楽団
 グラモフォン 2013年ライヴ B001910202
B001910202.jpg

ユジャ・ワンのピアノ演奏とグスターボ・ドゥダメル指揮ベネズエラ・シモン・ボリバル交響楽団の伴奏によるラフマニノフのピアノ協奏曲第3番とプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番。グラモフォンの新譜。2013年2月カラカスでのライヴ録音。

昨年のサンフランシスコ交響楽団の来日公演において持ち前の快刀乱麻のピアニズムを存分に披歴した中国の名手ユジャ・ワンの新譜。そのコンサートの演目だったプロコフィエフの2番も含まれていることもあり早速入手した。

シュライアー&リヒテルによるシューベルト「冬の旅」の1985年モスクワ・ライヴ


シューベルト 歌曲集「冬の旅」
 シュライアー(ten)、リヒテル(pf)
 Venezia 1985年ライヴ CDVE04413
CDVE04413.jpg

ペーター・シュライアーの歌唱とスヴィヤトスラフ・リヒテルのピアノ伴奏によるシューベルトの歌曲集「冬の旅」。露Veneziaの新譜。1985年モスクワ、プーシキン博物館音楽ホールでのライヴ録音。

あまりにも有名なドレスデン、ゼンパーオーパーでのライヴ録音と同じ年の同じ顔合わせということで早速入手した。

レヴァイン/メトロポリタン・オーケストラによるシューベルト交響曲第9番「グレート」


シューベルト 交響曲第9番「グレート」ほか
 レヴァイン/メトロポリタン・オーケストラ
 グラモフォン 2013年ライヴ B001909402
B001909402.jpg

ジェイムズ・レヴァイン指揮メトロポリタン・オーケストラの演奏によるシューベルト交響曲第9番「グレート」。グラモフォンの新譜。2013年5月ニューヨーク、カーネギー・ホールにおけるレヴァイン復帰コンサートのライヴ録音であり、本CDには当日の演目であったワーグナー「ローエングリン」第1幕への前奏曲とベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番(エフゲニー・キーシンのピアノ演奏)も収録されている。

レヴァインのシューベルト「グレート」というとシカゴ交響楽団との録音に個人的に思い入れがあるのだが、その録音からちょうど30年後のライヴ録音ということで興味津々で入手した。

カヴァコスとシャイー/ゲヴァントハウス管弦楽団によるブラームスのヴァイオリン協奏曲


ブラームス ヴァイオリン協奏曲
 カヴァコス(vn) シャイー/ゲヴァントハウス管弦楽団
 Decca 2013年 4785342
4785342.jpg

レオニダス・カヴァコスのヴァイオリン独奏とリッカルド・シャイー指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の伴奏によるブラームスのヴァイオリン協奏曲。英デッカの新譜。2013年5月ライプツィヒ、ゲヴァントハウスでのセッション録音。

前回リリースのベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集が好演だったカヴァコス。続いてブラームスのヴァイオリン協奏曲をリリース。このまま王道路線を突き進むか、、?

児玉桃によるラヴェル、武満、メシアンのピアノ作品集


ラヴェル 鏡&武満徹 雨の樹素描&メシアン ニワムシクイ
 児玉桃(pf)
 ECM 2012年 4810426
4810426.jpg

児玉桃のピアノ演奏によるラヴェル「鏡」、武満徹「雨の樹素描」およびメシアン「ニワムシクイ」。独ECMの新譜。2012年ノイマルクト、ライトシュターデルでのセッション録音。

これまでラ・フォル・ジュルネで数々の名演に接してきた実力派ピアニストの児玉桃がドイツのECMレーベルから新譜をリリースということで早速入手した。

ロルティによるリストのオペラ・トランスクリプション集


リスト オペラ・トランスクリプション集
 ロルティ(pf)
 Chandos 2013年 CHAN10793
CHAN10793.jpg

ルイ・ロルティのピアノ演奏によるリストのオペラ・トランスクリプション集。英シャンドスの新譜。2013年3月イギリス、サフォークのポットン・ホールでのセッション録音。収録曲は以下の通り。

・リスト モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」の回想
・リスト ヴェルディ「リゴレット」による演奏会用パラフレーズ
・リスト グノー「ファウスト」からのワルツ
・ワーグナー/リスト編「タンホイザー」序曲
・ワーグナー/リスト編「タンホイザー」よりレチタティーヴォと
 アリア「夕星の歌」
・ワーグナー/リスト編「さまよえるオランダ人」より「紡ぎ歌」
・ワーグナー/ロルティ編「トリスタンとイゾルデ」前奏曲
・ワーグナー/リスト編「トリスタンとイゾルデ」より「愛の死」

前回のダンディのセヴェンヌ交響曲が絶品だったロルティ。今回は久々のソロ・アルバムということで早速入手した。

ポリーニによるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第4番・第9番・第10番・第11番


ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第4番・第9番~11番
 ポリーニ(pf)
 グラモフォン 2012年 4778806
4778806.jpg

マウリツィオ・ポリーニのピアノ演奏によるベートーヴェンのピアノ・ソナタ第4番・第9番・第10番・第11番。独グラモフォンの新譜。2012年ルツェルンとミュンヘンでのセッション録音。

前回のブラームスの協奏曲以来2年ぶりとなるポリーニの新譜。これまで未録音だったベートーヴェンのソナタ4曲を一気にリリースということで早速入手した。

セル/チェコ・フィルによるドヴォルザーク交響曲第8番(1969年ルツェルン・ライヴ)


ドヴォルザーク 交響曲第8番
 セル/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 Audite 1969年ライヴ AU95625
AU95625.jpg

ジョージ・セル指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるドヴォルザーク交響曲第8番。独Auditeの新譜。1969年ルツェルン音楽祭でのライヴ録音。ほかにジョージ・セル指揮ルツェルン祝祭管弦楽団の演奏によるブラームス交響曲第1番も収録されている。こちらは1962年ルツェルン音楽祭でのライヴ録音。

ジョージ・セルのドボ8といえば有名な最晩年のクリーブランド管弦楽団との録音が思い浮かぶが、ちょうどそれと同じ時期のライヴ録音ということで早速入手した。

スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団によるベートーヴェン交響曲第3番「英雄」・第4番・第5番「運命」


ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」・第4番・第5番「運命」
 スクロヴァチェフスキ/読売日本交響楽団
 DENON 2012年ライヴ COGQ-90/1
COGQ-901.jpg

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮、読売日本交響楽団の演奏によるベートーヴェン交響曲第3番「英雄」・第4番・第5番「運命」。DENONの新譜。2012年サントリーホールおよび横浜みなとみらいホールでのライヴ録音。

この10月で90歳になるスクロヴァチェフスキだが、エームスからのブラームス、LPOレーベルからのブルックナーに続いて今回のベートーヴェンと怒涛の新譜ラッシュが続いている。今月の読売日響とのコンサートも楽しみ。

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.