レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集(1946~61年)


「レナード・バーンスタイン歴史的放送録音集1946~61」
 バーンスタイン/ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィル他
 WHRA 1941~61年ライヴ WHRA6048
WHRA6048.jpg

米West Hill Radio Archiveから先月リリースされたセット。レナード・バーンスタインが1940年代から60年代初頭にかけてボストン交響楽団およびニューヨーク・フィルを指揮して収録した放送用録音が全11枚のCDに集成されている。

収録曲で主だったところを挙げるとボストン響との録音では、シューマン交響曲第2番(1946年)、ショスタコーヴィチ交響曲第7番「レニングラード」(1948年)、マーラー交響曲第2番「復活」(1949年)、メシアンのトゥーランガリラ交響曲(1949年の世界初演のリハーサル)。ニューヨーク・フィルとの録音では、バーンスタイン交響曲第2番(1950年)、ストラヴィンスキー「春の祭典」(1951年)、コープランド交響曲第2番(1957年)、ピストン「管弦楽のための協奏曲」(1959年)、チャベス交響曲第4番(1960年)、ダイアモンド交響曲第8番(1961年)。ライヴ以外で唯一収録されている1941年セッション録音のダイアモンド「前奏曲とフーガ第3番」はバーンスタインの初の録音(ピアニストとしてのレコーディングデビュー)として知られる。

とりわけ1949年のマーラー2番に興味を引かれた。現在までにCDで正規リリースされているバーンスタインのマーラー2番の全曲録音は1963年のニューヨーク・フィルとのセッション1973・74年のロンドン交響楽団とのセッション1987年のニューヨーク・フィルとのライヴ、および1958年のフランス国立放送管弦楽団とのライヴの4種類なので、今回のWHRA盤は5種めのリリースになるはず。

本セットの録音解説(これはCD-ROMに収録されている)によると、この49年の録音以前にもバーンスタインは1947年にニューヨーク・フィルの演奏会でマーラー2番を取りあげ、1948年にもボストン交響楽団とイスラエル・フィルを指揮して同曲を演奏しているとのこと。また同解説にいわく、以後も大事なコンサート(たとえば1970年のクリーブランド管弦楽団との一期一会の演奏会など)でマーラーの2番を取り上げるなど、この曲にバーンスタインは生涯にわたって強い思い入れを抱き続けたとされている。

ジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団によるワーグナー管弦楽曲集


ワーグナー 管弦楽曲集
 ジンマン/チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団
 RCA 2012年ライヴ 88725479412
88725479412.jpg

デイヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の演奏によるワーグナー管弦楽曲集。RCAの新譜。2012年6月チューリッヒ、トーンハレでのライヴ録音。

収録曲は①「さまよえるオランダ人」序曲②同・オランダ人のモノローグ「期限は切れた」③「ラインの黄金」よりヴォータンのアリア「夕日があたりを照らし出す」④同・神々のヴァルハラへの入場⑤ワルキューレの騎行⑥ジークフリートのラインへの旅⑦ヴォータンの告別と魔の炎の音楽。②③⑦のバリトン歌唱はエギリス・シリンス。

シューベルトの交響曲チクルスを楽しみに聴いているジンマン/トーンハレ。残すは「グレイト」のみというところ、今回のリリースはワーグナーのアルバムだったが、これはチューリッヒ総合音楽協会の創立200年を記念して行われたオール・ワーグナー・コンサートのライヴ録音とされる。ワーグナーは1849年から9年間チューリッヒに住んでおり、この音楽協会と深い関わりをもった。

それにしても、トーンハレ管がブラームスゆかりのオケであることは、昨年リリースのブラームス交響曲全集のブックレットに詳述されていたが、今回のブックレットにはワーグナーゆかりのオケであることが詳述されている。このオーケストラの伝統の深さを改めて感じさせる。

ベルニウス/ホフカペレ・シュトゥットガルトによるベートーヴェンのハ長調ミサ


ベートーヴェン ミサ曲ハ長調
 ベルニウス/ホフカペレ・シュトゥットガルト
 Carus 2011年 83295
83295.jpg

フリーダー・ベルニウス指揮ホフカペレ・シュトゥットガルトの演奏によるベートーヴェンのミサ曲ハ長調。独カールスの新譜。2011年ドイツ、アルピルスバッハ修道院教会でのセッション録音。

声楽陣はマリア・ケオハネ(ソプラノ)、マルゴット・オイツィンガー(アルト)、トーマス・ホッブズ(テノール)、セバスティアン・ノアク(バリトン)およびシュトゥットガルト室内合唱団。

また、余白にはケルビーニが1829年に作曲した"Sciant gentes"という宗教曲が収録されているが、これは世界初録音と記載されている。

スウェーデンのソプラノ歌手マリア・ケオハネが歌唱陣に含まれている。録音の少ない歌手だが、奇遇にも前記事のリチェルカール・コンソートのヴェックマンと同じタイミングでのリリース。

ホフカペレ・シュトゥットガルトはドイツの指揮者フリーダー・ベルニウスが19世紀音楽の演奏を射程として2006年に設立した室内オーケストラ。

ピエルロ/リチェルカール・コンソートによるヴェックマンの宗教作品集


ヴェックマン 宗教作品集
 ピエルロ/リチェルカール・コンソート
 Mirare 2012年 MIR204
MIR204.jpg

フィリップ・ピエルロ指揮リチェルカール・コンソートの演奏によるヴェックマンの宗教作品集。仏Mirareの新譜。2012フランスのサン=タマン=ド=ボワックスおよびドイツのシュタインキルヒェンでのセッション録音。歌手はマリア・ケオハネ(ソプラノ)、カルロス・メナ(カウンターテノール)、ハンス=イェルク・マンメル(テノール)、ステファン・マクラウド(バス)。

17世紀ドイツの鍵盤音楽の大家マティアス・ヴェックマンが作曲した宗教曲が9作品(教会コンチェルト第1番~第4番、コラール3曲、第1旋法によるプレルーディウム、第2旋法によるマニフィカト)収録されている。

先月のラ・フォル・ジュルネの演奏会が感銘深かったピエルロ/リチェルカール・コンソートの新譜だが、のみならずマリア・ケオハネが聴けるのも嬉しいところで、この人はリチェルカール・コンソートの演奏会で何度か聴いており、特に2010年のラ・フォル・ジュルネ(ヘンデルのアリア)で披露した美声が素晴らしかった。

ドゥネーヴ/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団によるルーセル交響曲全集


ルーセル 交響曲全集
 ドゥネーヴ/ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団
 Naxos 2006~2009年 8504017
8504017.jpg

ステファン・ドゥネーヴ指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団の演奏によるルーセル交響曲全集。2006~2009年グラスゴー、ヘンリー・ウッド・ホールでのセッション録音。ルーセルの交響曲4曲と管弦楽作品10曲がCD4枚に収録されている。

これは前記事のプーランクと一緒に入手したもの。ドゥネーヴがスコティッシュ・ナショナル管を率いていた時代の録音は結構な数がリリースされていて目移りするほどだったが、フランスの作曲家にしては多分にドイツ的な重厚感を帯びたルーセルの作風は、フランス人にしてドイツ屈指の放送響のシェフを務めるドゥネーヴの現在のキャリアに通ずるものがあるような気がしたので、これを選んでみた。

ドゥネーヴ/シュトゥットガルト放送交響楽団によるプーランクのスターバト・マーテルとバレエ音楽「牝鹿」


プーランク スターバト・マーテル、バレエ音楽「牝鹿」
 ドゥネーヴ/シュトゥットガルト放送交響楽団
 Hanssler 2012年 93297
93297.jpg

ステファヌ・ドゥネーヴ指揮シュトゥットガルト放送交響楽団の演奏によるプーランクのスターバト・マーテルとバレエ音楽「牝鹿」全曲。独ヘンスラーの新譜。2012年シュトゥットガルトでのセッション録音。合唱はシュトゥットガルト声楽アンサンブル。スターバト・マーテルでは北ドイツ放送合唱団を加えてソプラノ独唱にマリス・ペーターゼンという布陣。

今春の来日公演におけるオールフランス・プログラムが素晴らしかったドゥネーヴ/シュトゥットガルトの新譜ということで入手した。

ル・サージュのピアノとメイエ、パユ、ブラッハー等によるプーランクの室内楽曲全集


プーランク 室内楽曲全集
 ル・サージュ(pf)、メイエ(cl)、パユ(fl)、ブラッハー(vn)他
 RCA 1998年 74321632122
74321632122.jpg

エリック・ル・サージュのピアノ演奏を中心とするアンサンブルによるプーランクの室内楽曲全集。1998年フランスでのセッション録音。他の録音メンバーはクラリネットがポール・メイエ、フルートがエマニュエル・パユ、オーボエがフランソワ・ル・ルー、ヴァイオリンがコーリャ・ブラッハーなど。収録曲はプーランクが作曲したクラリネット・ソナタ、フルート・ソナタ、オーボエ・ソナタ、ヴァイオリン・ソナタなどの室内楽曲12曲。

これらのプーランクの室内楽は最近入手したEMIのプーランク作品全集においてもジャック・フェヴリエのピアノ演奏を中心に録音されていたが、いずれもアナログ時代の録音。こちらのRCAの方はデジタル時代の精鋭を集めたという感じがする。

いずれにせよル・サージュの録音ということで前記事で書いたシューマンのピアノ独奏曲全集と一緒に入手した。

ル・サージュによるシューマンのピアノ独奏曲全集


シューマン ピアノ独奏曲全集
 ル・サージュ(pf)
 Alpha 2001~2009年 ALPHA813
ALPHA813.jpg

エリック・ル・サージュの演奏によるシューマンのピアノ独奏曲全集。仏Alphaから昨年末にリリースされたセット。2001~2009年スイスでのセッション録音。ロベルト・シューマンがピアノ独奏曲として作曲した一連の作品が全13枚のCDに収録されている。

今春のシュトゥットガルト放送響の来日公演で実演を聴き、そのタッチの美しさに驚嘆したル・サージュの直近リリースということで入手した。

ル・サージュはフランス系作品に強いピアニストというだけでなく、1989年のシューマン国際コンクールを制覇した経歴を含めシューマン演奏の大家としても知られている。それにしても本セットはシューマンのピアノ・ソロ作品が網羅的に集成されていて恐れ入る。

スザンナ・マルッキ/ユンゲ・ドイチェ・フィルによるヒンデミットの交響曲「画家マチス」


ヒンデミット 交響曲「画家マチス」ほか
 スザンナ・マルッキ/ユンゲ・ドイチェ・フィル
 Ensemble-Modern 2009年ライヴ EMCD010
EMCD010.jpg

スザンナ・マルッキ指揮ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるヒンデミットの交響曲「画家マチス」。2009年デュッセルドルフ、トーンハレでのライヴ録音。

ほかに当日演奏されたエンノ・ポッペの「Markt(市場)」(2009年作曲・初演)とベルント・アロイス・ツィンマーマンのトランペット協奏曲「Nobady knows de trouble I see」(これは1954年に作曲され翌年エルネスト・ブール指揮北ドイツ放送響により初演されている)が収録されている。トランペットはマルコ・ブラオウ。

これも先月のLFJ会場にて入手。現代音楽演奏オーケストラとしてはスザンナ・マルッキが音楽監督を務めているアンサンブル・アンテルコンタンポランと双璧と言うべきアンサンブル・モデルン、その母体とされるユンゲ・ドイチェ・フィルをここでは指揮している。

シャマユ&ドゥネーヴ/スコティッシュ・ナショナル管によるフランクのピアノ作品集


フランク ピアノ作品集
 シャマユ(pf) ドゥネーヴ/スコティッシュ・ナショナル管
 Naive 2009年 V5208
V5208.jpg

ベルトラン・シャマユの演奏によるフランクのピアノ作品集。2009年グルノーブル、グラスゴーでのセッション録音。

収録曲は①前奏曲・コラールとフーガ②交響詩「魔神」③前奏曲・アリアと終曲④交響的変奏曲⑤前奏曲・フーガと変奏曲op18(ピアノとハルモニウム版)の5曲。②と④の伴奏はステファン・ドゥネーヴ指揮ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、⑤のハルモニウム演奏はオリヴィエ・ラトリー。

先月のLFJのCDコーナーで売られていたディスク。そのLFJで見事なラヴェルを披露したシャマユがドゥネーヴと共演している。

ブーレーズ/アンサンブル・アンテルコンタンポランによるブーレーズのシュル・アンシーズ


ブーレーズ 「シュル・アンシーズ」ほか
 ブーレーズ/アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 グラモフォン 1999年 4776351
4776351.jpg
 
ピエール・ブーレーズ指揮アンサンブル・アンテルコンタンポランの演奏によるブーレーズのシュル・アンシーズ。1999年パリでのセッション録音。ほかにブーレーズの6つのチェロとチェロ独奏のための「メサジェスキス」(チェロ独奏ジャン=ギアン・ケラス)、ヴァイオリンとエレクトロニクス音響のための「アンセム2」が併録されている。

先月のラ・フォル・ジュルネでの実演(スザンナ・マルッキの指揮アンサンブル・アンテルコンタンポランの演奏)が強烈だったシュル・アンシーズ。同じオケを指揮した本家ブーレーズの自作自演盤を早速入手した。

カーゾン&ボールト/ロンドン・フィルによるモーツァルトのピアノ協奏曲第27番


モーツァルト ピアノ協奏曲第27番ほか
 カーゾン(pf) ボールト/ロンドン・フィル
 Testament 1961年ライヴ SBT1486
SBT1486.jpg

クリフォード・カーゾンのピアノ演奏とエードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の伴奏によるモーツァルトのピアノ協奏曲第27番。英テスタメントの新譜。1961年ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ録音。余白にはカーゾンのピアノ演奏によるシューベルトの即興曲D.899全曲および「楽興の時」第3番が入っており、こちらは同年のエディンバラ、アッシャー・ホールでのライヴとされる。

すでに多くの録音がリリースされているカーゾンのモーツァルト27番、名盤の誉れ高いのは1970年のスタジオ録音(ベンジャミン・ブリテン指揮イギリス室内管弦楽団の伴奏)だが、個人的には1964年のザルツブルグでのライヴ(ジョージ・セル指揮ベルリン・フィルの伴奏)も気に入っている。その3年前のライヴが今回テスタメントからリリースということで早速入手した。

ジャッド/ボーンマス交響楽団によるバックスの管弦楽作品集


バックス 管弦楽作品集
 ジャッド/ボーンマス交響楽団、ウェイス(pf)
 Naxos 2010年 8572597
8572597.jpg

ジェイムズ・ジャッド指揮ボーンマス交響楽団の演奏によるアーノルド・バックスの管弦楽作品集。収録曲は冬の伝説、朝の歌「サセックスの五月」およびサガ断章の3曲。いずれもピアノ伴奏付き管弦楽作品であり、ピアノ演奏はアシュリー・ウェイス。

4月の都響定期におけるヴォーン・ウィリアムズ交響曲第4番(ちなみに、この曲はアーノルド・バックスに献呈されている)で目覚ましい指揮ぶりを披露したジャッドの直近の録音ということで入手した。

ハンスリップとドライヴァーによるボーウェンのヴァイオリンとピアノのための作品全集


ボーウェン ヴァイオリンとピアノのための作品全集
 ハンスリップ(vn)、ドライヴァー(pf)
 ハイペリオン 2012年 CDA67991
CDA67991.jpg

クロエ・ハンスリップのヴァイオリンとダニー・ドライヴァーのピアノによるボーウェンのヴァイオリンとピアノのための作品全集。英ハイペリオンの新譜。2012年イギリス、サフォーク、ポットン・ホールでのセッション録音。

イギリスの作曲家ヨーク・ボーウェンがヴァイオリンとピアノのために作曲した作品(ヴァイオリン・ソナタOp.112、幻想曲Op.34、組曲Op.28など)計13曲がCD2枚に収録されている。

ダニー・ドライヴァーは昨年リリースしたチゾームのピアノ協奏曲集はまあまあだったが、もともとイギリスではボーウェン弾きとして高い評価を受けているピアニストであり、以前にリリースしたボーウェンのピアノ協奏曲集はとても良かったので、今回のアルバムも早速入手した。

デュオの相手は名手クロエ・ハンスリップ。こちらはグラズノフとシェックの協奏曲集での好演ぶりが記憶に新しい。

ガンバ/アイスランド交響楽団によるダンディのセヴェンヌ交響曲


ダンディ フランスの山人の歌による交響曲(セヴェンヌ交響曲)
 ガンバ/アイスランド交響楽団、ロルティ(pf)
 Chandos 2012年 CHAN10760
CHAN10760.jpg

ラモン・ガンバ指揮アイスランド交響楽団の演奏(ピアノ・パート:ルイ・ロルティ)によるダンディのフランスの山人の歌による交響曲(セヴェンヌ交響曲)。英シャンドスの新譜。2012年アイスランド、レイキャビクでのセッション録音。

ほかにダンディの歌劇「フェルヴォル」第1幕への前奏曲、交響的伝説「サルビアの花」および管弦楽組曲「メデー」が併録されている。

個人的に注目しているピアニスト、ロルティがピアノ・パートを務めているということで入手したCDなのだが、ライナーノートを読んでいて気がついたことには、このダンディの代表作として知られるセヴェンヌ交響曲を世界初演したオーケストラは、奇遇にも先月ラ・フォル・ジュルネで聴いたばかりのフランスのラムルー管弦楽団だった。ラムルー管はダンディゆかりのオーケストラだったようで、本CD収録の「サルビアの花」の世界初演も行っている。

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.