スクロヴァチェフスキ/読売日響のベートーヴェン演奏会(9/28東京オペラシティコンサートホール)の感想


オール・ベートーヴェン・プログラム。前半が交響曲第2番、後半が交響曲第3番「英雄」。いずれも素晴らしい演奏だった。

両曲ともにキビキビとした速めのテンポを主体とする古典的な均衡の取れたフォルムをベースとしながら、一つ一つのフレージングの強弱に対するコントロールは緻密を極め、一体デュナーミクを何段階で切り分けているのだろうと思えるほどだったし、キメ細かく描き分けられるアーティキュレーションの手の込みようも尋常でなく、オーケストラの響かせる音の情報量の豊かさにも聴いていて圧倒される思いだった。

特に驚嘆させられたのはスクロヴァチェフスキの敷設するテンポの速さと、オケから響いてくる音の膨大な情報量、この両立の度合いがずば抜けているということだった。一般的に細部まで疎かにしない稠密な解釈というのはテンポの速さに比例して困難になるはずなのに、スクロヴァチェフスキの場合は事情が違うらしい。どんなにハーモニーが密集しても各パートの動きが手に取るように聴こえるし、最強奏におけるアンサンブルの見晴らしの良さにも惚れぼれさせられること頻りだった。

ちょうど先週スラットキン/N響のショスタコーヴィチ「レニングラード」の実演を聴き、その感想はブログに書いたが、こちらの演奏でも全体的に快速テンポに基づく音楽の推進性が際立っていたし、それでいてスラットキンは整然とアンサンブルを牽引しオーケストラを雄大に鳴らし切った。しかし、こと音の情報量に関しては特筆すべき水準というほどにはなく、テンポの代償として、必ずしも細部まで完璧に磨き込まれていたとは言い難い面もあったし、音楽の表情においても前のめりなフレージング展開が時に画一的に聴こえてしまうという側面も否定できなかった。

この点においてスクロヴァチェフスキの場合は違っており、テンポの速さと細部の磨き上げとが排斥関係にない。そのかわりスラットキンのような猛烈な鳴りっぷりとはいかない。最強奏でもオケを必要以上にがならせず、鳴りを抑制させ、つねにアンサンブルの見晴らしの良さに意が注がれていた。だからヴォリュームにものを言わせた迫力という面ではそれなりに聴き劣りが否めないものの、無数の音符がコンスタントに理路整然と秩序を保って響いているという純音楽的な迫力という面では途方もない演奏としてホールに響きわたった。

スコアをそのまま音にしただけでは自然に前に出てこない音やフレーズに関しては積極的にスコアのバランスに手を入れるという趣旨の演奏ポリシーをスクロヴァチェフスキは以前に語っていたが、その意味での緻密な創意工夫の度合いは当夜のベートーヴェンにおいても際立っていた。しかし「英雄」第1楽章コーダの、例のトランペットによるテーマ線を敢えてスコア通り途中で途切れさせた行き方には、スクロヴァチェフスキのスコア尊重に対する明瞭な姿勢が現われていた。スコアに手を入れるべきところは積極的に入れるが、入れるべきでないところは入れない、というあたりにスクロヴァチェフスキの指揮者&作曲家としての視点が巧妙に織り交ざり、そうして出来上がった、独創的でありながら決して奇を衒わないこの指揮者ならではのベートーヴェン像を久しぶりに堪能した。

それにしてもスクロヴァチェフスキは今何歳なのだろうと思ったら88歳とのこと。しかも来週10月3日が89歳の誕生日なのだとか。あの指揮台でのキビキビとした指揮ぶりからは想像もつかない年齢だし、指揮ぶり、解釈ともども全く老け込んでいないのが凄いものだとあらためて思った。非凡な演奏をする指揮者はあるいは体の構造も常人離れしているのかもしれない。

スクロヴァチェフスキ/読売日響のベートーヴェン演奏会(9/28 東京オペラシティ・コンサートホール)


9/28 東京オペラシティ・コンサートホール
読売日本交響楽団 名曲シリーズ

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

演目:
 ベートーヴェン 交響曲第2番
 ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」

2012-09-28
開演前の様子

トスカニーニ・コンプリートRCAコレクション


「トスカニーニ・コンプリートRCAコレクション」
 トスカニーニ/NBC交響楽団ほか
 RCA 1920年~1954年 88697916312
88697916312

これは米RCAから1992年に発売された「アルトゥーロ・トスカニーニ大全集」の再発売として今年5月にリリースされたもので、20世紀最大級の巨匠指揮者トスカニーニがRCAに残した全ての録音が計84枚のCDに集成されている。

破格の値段もあって大きな話題となっていたボックスセットだが、正直これは入手しようかどうか散々迷った。なにしろ膨大な枚数である上ダブリも相当あるし、なによりトスカニーニの録音に関しては個人的にはRCA以外のレーベルから出ている録音の方に惹かれるものが多い。

NBC交響楽団との録音でまず思い浮かぶのはトスカニーニのラスト・コンサートとなった1954年4月4日カーネギーホールでの演奏会を収録したワーグナー管弦楽作品集1945年のアメリカの対日・対独戦勝記念日の祝賀コンサートでのベートーヴェン「英雄」&「運命」1939年のベートーヴェン交響曲全曲チクルスのライヴ(以上Music&Arts)、あるいは1943年に録音されたカリンニコフの交響曲第1番(RELIEF)あたりになるし、NBC響以外との録音であればフィルハーモニア管弦楽団とのブラームス交響曲全曲チクルスのライヴ(テスタメント)とかコロン劇場管弦楽団とのベートーヴェン交響曲第9番(ギルド・ヒストリカル)あたりが思い浮かぶ。こういった破格の録音群と比べるとRCAの一連の録音群の方は正直トスカニーニとしては総じて今一つ聴き劣りがするという印象がある。

しかし価格が異様に安いし、同一レーベルの全録音の集成というレファレンスとしての意義にもやはり掛け替えのないものがあるということで入手した。

NHK交響楽団の定期公演(9/22 NHKホール)の感想


前半はリャードフの「8つのロシア民謡」。これは個々の曲が1~2分程度で全体で15分という、小品指向の作曲家らしい小規模な管弦楽組曲であり、ロシアの素朴な農村生活を描いた画集とも評されている作品。

親しみ易いロシア民謡がメロディとして使われていることもあり、本来それなりにロシア臭の強い作品のはずだが、スラットキンはサクサクと軽快にフレーズを紡いで、あっさりとした味付けで小気味よい音の御馳走として聴かせた。なにしろ短い作品なので音楽が乗ってきたなと思ったところであっさり終わってしまったが、オケにとっては後半の大曲のウォーミングアップにちょうどいい長さかもしれない。

後半はショスタコーヴィチの交響曲第7番「レニングラード」。スラットキンはタクトを片手に(前半のリャードフは空手だった)冒頭からアンサンブルを快調なテンポで走らせつつ、ザクザクと歯切れ良いフレーズの流れを刻み込み、一糸乱れぬ音楽の行進を展開したが、それが例の戦争のテーマの執拗な反復に基づくクレッシェンドの果てに、初演時には「破壊と死と滅亡の一途あるのみ」と評されたという、あの狂気のようなクライマックスを築きあげるあたりになると、文字通り壮大に織りあげられたスペクタクルな大音画をホールに現出せしめ、その猛烈な奔流に聴いていて圧倒され、酔いしれる思いだったし、それに付随するこのシーン独特の恐怖感、それが静まった後の世界が滅んだかのようなゾッとするような虚無感にも聴いていて胸打たれる思いだった。

スラットキンといえば稀代のオーケストラ・ビルダーという評価が確立されているが、N響とはこれまで何度も客演を重ねているだけあって、そのアンサンブル統率力は瞠目に値するものであり、それは先週のプレヴィンの指揮と同格、いやそれ以上ではないかとさえ思えるほどであった。というのも、ここでスラットキンが披歴したアプローチというのが独特であって、確信犯的に速めのテンポで一貫されており、なにしろ第1楽章は25分を切っていたし、全曲のタイムも約65分という短さだったが、これだけの速いペースでの一糸乱れぬアンサンブル展開となればオーケストラのポテンシャルの高さや指揮者の統率力がダイレクトに問われてくるだろうと思われるからだ。この点でN響は全く見事なものだったし、それを当り前のように成し遂げたスラットキンの統制力も驚嘆に値するものだった。

このスラットキンのテンポ設定は独特の尖鋭なイフェクトを音楽に与えているようにも思えた。とくに前述の第1楽章における戦争主題のクレッシェンドの場面など、容赦ないハイ・テンポで無慈悲なまでに畳み掛けられるテーマの反復強奏が音楽の切迫した調子を強めてゆくあたりなど聴いていて何か空恐ろしい感じがしたし、情緒的なはずの第3楽章のアダージョなどもテンポの速さゆえに音楽が追い立てられているような切迫した雰囲気が出ていたりして、聴いていてハッとさせられた。もっとも、このショスタコーヴィチの「レニングラード」 には速めのテンポより遅めのじっくりと攻めたテンポの方が相応しい面も正直それなりにあると思うし、聴き手によってはちょっと抵抗を覚える進め方だったかもしれない。

それにしても今回のN響のアンサンブルの鳴りっぷりは素晴らしかった。今年のN響の定期はノセダ、尾高忠明、アシュケナージ、プレヴィンと聴いてきたが、こと純粋な鳴りの良さという点では今回がベストだったと思う。この巨大ホールを制圧するほどの豪快な響きを久々に耳にして爽快な気分だった。

NHK交響楽団・定期公演(9/22 NHKホール)


9/22 NHKホール
NHK交響楽団 定期公演

指揮:レナード・スラットキン

演目:
 リャードフ 8つのロシア民謡
 ショスタコーヴィチ 交響曲第7番「レニングラード」

2012-09-22
開演前の様子

スヴェトラーノフ/フィルハーモニア管弦楽団によるラフマニノフ交響曲第2番


ラフマニノフ 交響曲第2番
 スヴェトラーノフ/フィルハーモニア管弦楽団
 ICAクラシックス 1993年ライヴ ICAC5078
ICAC5078

エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮フィルハーモニア管弦楽団の演奏によるラフマニノフの交響曲第2番。英ICAクラシックスの新譜。1993年ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ録音。

同じくスヴェトラーノフ指揮ロンドン交響楽団の演奏によるバーンスタインの「キャンディード」序曲も収録されている。こちらは1978年エディンバラ、アッシャー・ホールでのライヴ録音。

ラフマニノフのシンフォニーといえばスヴェトラーノフの十八番だし、手兵ロシア国立交響楽団と1995年にスタジオ録音した交響曲第2番の素晴らしさも忘れ難い。

そういうわけで先週のリリースと同時に速攻で入手したのだが、それから数日後、入手元から以下のようなメールが送られてきた。

「Rachmaninov: Symphony No.2; Bernstein: Candide Overture Evgeny」
規格品番:ICAC5078

この度ご注文いただきました上記商品についてでございますが、再生不具合がある事が判明いたしました。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。

商品のご交換・ご返品につきましては、詳細がわかり次第、再度メールにてご案内させていただきます。

この度はお客様へご迷惑をおかけしておりますことを、弊社からも重ねて深くお詫び申し上げます。

また、本件につきましては、弊社からもメーカーへ品質管理の徹底を申し入れております。


おそらく上記のような理由からか現在このCDの販売は見合わせられており、廃盤扱いとなってしまっている。

しかし、このCDを一通り聴いてみた限りでは、別にこれといった再生不具合などなく、音飛び、目立ったノイズなども特段みあたらなく、鑑賞に支障はなかった。よく分らないが、何か取るに足らない些細な瑕疵が原因ではないか。

このラフマニノフはスヴェトラーノフ一流の音響的濃密感が尋常でなく、この指揮者のラフマニノフの中でも一頭地を抜くほどの名演ではないかと感じた。このまま眠らせておくにはもったいないにもほどがあるので、きちんとした形で再リリースされることを切望する。

NHK交響楽団の定期公演(9/15 NHKホール)の感想


今月をもってN響の名誉客演指揮者に就任したプレヴィンは現在80歳を超える高齢ゆえか、杖を片手に、介添え人に支えられながらステージに登場。指揮台に置かれたた椅子に腰かけ、おもむろにタクトを振り降ろしマーラー交響曲第9番の指揮を開始した。

それは精緻に描かれた絵巻物を見るようなマーラーというべきか。客観視の極みのような演奏であり、個々のフレーズを情緒的に揺らしたり粘ったりということは一切せず、即物的なまでに淡々とアンサンブルを刻んでいき、その響きの色合いも実に朗々たるものであり、殊更に破滅色を打ち出すなどとは無縁な行き方。フォルテッシモでの異様なほどの透明感やピアニッシモでの虚無的な静寂の描き方など、いずれも管弦楽表現の達人たるプレヴィンの面目躍如たる佇まいであり、ことに終楽章はさながら大編成の管弦楽による精巧な室内楽という風情であり、その練れた音響の醸し出す透徹した美感は素晴らしい聴きものだったし、また全編を通してN響のアンサンブルを完全に掌握しつつ手足のように高精度でコントロールする手腕も、名誉客演指揮者の称号に相応しいものだった。

このようなプレヴィンの表現様式は確かに驚嘆に値する、希有の聴きものであったにしても個人的には聴いていて今ひとつ音楽の感動に浸り切れないもどかしさを最後まで拭えない面も正直あった。というのもプレヴィンのアプローチというのが作品の内部にのめり込むのでなく、あくまで外部から作品の姿を明快に照らし出すという方向性に基づく、ある程度まで突き放した解釈であるがゆえの醒めた感覚が局面によっては仇となり、マーラーの音楽から受けるはずの感銘の度合いを自分の中で決定的に伸び切らせるには至らなかったからだった。

しかし聴き手によってはこれぞ理想のマーラー像と感じても不思議でない、非凡な演奏内容だったのも事実。プレヴィンのマーラーの録音というのは聴いたことがなかったし、ことマーラーの9番に関しては過去にヨーロッパのオケの来日公演で突き抜けた実演を何度か体験しているので、この曲に関しては自分の中で割合ハードルが高くなっているから、ちょっと半信半疑でホールに出向いたのだが、やはり聴いておいて良かったと思う。必ずしも好みのスタイルではなかったが、ひとつの方向性を突き詰めた点で、文字通り傾聴させられたマーラーだった。

ところで、N響の定期公演では今まで無料のプログラム冊子「サブスクリプション」を手渡されていたが、今回は同オケの機関紙「フィルハーモニー」を手渡された。この冊子は基本的には有料(300円)だがコンサートに行くと無料で配布されることになったようで、今月からN響のホームページでも全文公開(PDF)されるようになっているし、どうやら事実上無料化されたようだ。

NHK交響楽団の定期公演(9/15 NHKホール)


9/15 NHKホール
NHK交響楽団 定期公演

指揮:アンドレ・プレヴィン

演目:マーラー 交響曲第9番

2012-09-15
開演前の様子

ビエロフラーヴェク/BBC交響楽団によるスークの交響詩「夏のおとぎ話」&「プラハ」


スーク 交響詩「夏のおとぎ話」、交響詩「プラハ」
 ビエロフラーヴェク/BBC交響楽団
 シャンドス 2012年 CHSA5109
CHSA5109

イエジ・ビエロフラーヴェク指揮BBC交響楽団の演奏によるスークの交響詩「夏のおとぎ話」と同「プラハ」。英シャンドスの新譜。2012年1月イギリス、ワトフォード・コロッセウムでのセッション録音。

ビエロフラーヴェク/BBC響は昨年オニキスからリリースされたマルティヌーの交響曲全集が非常に良かったので先般スプラフォンから出たスークのアスラエル交響曲のライヴ盤を入手したばかりだが、今度はシャンドスからスークの交響詩のアルバムが出たので、こちらも入手した。

この2曲の交響詩は今まで聴いたことがなかった。以下ライナーノートの解説によるが、交響詩「プラハ」はスークが1904年春のスペイン滞在中に母国チェコの歴史や神話を題材とした交響詩として着想された曲だったが、しかし同年5月に作曲の師であるドヴォルザークが死去、追い打ちをかけるように同年7月にドヴォルザークの娘にしてスークの妻であったオティリエが死去と、立ち続けに不幸に見舞われたため、その作曲を一時中断するも、悲しみを乗り越えて同年10月に全曲を完成させている。

この直後に作曲されたのが、死去した二人のための鎮魂歌ともいうべき交響曲第2番「アスラエル」であり、それを1906年に完成させたあと、1907年に交響詩「夏のおとぎ話」の作曲に着手。これはボヘミアの夏の詩趣に着想を得た作品であり、最終的には全曲の演奏に一時間近くを要する巨大な交響詩として1909年に完成され、アスラエル交響曲と並んでスークの後期を代表する作品とみなされている。

カプソンとハーディング/ウィーン・フィルによるブラームスとベルクのヴァイオリン協奏曲


ブラームス ヴァイオリン協奏曲
&ベルク ヴァイオリン協奏曲
 カプソン(vn) ハーディング/ウィーン・フィル
 Virgin 2011年 9733962
9733962

ルノー・カプソンのヴァイオリン・ソロ、ダニエル・ハーディング指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の伴奏によるブラームスとベルクのヴァイオリン協奏曲。英Virginの新譜。2011年12月ウィーン、ORFラディオクルトゥーアハウスでのセッション録音。

フランスの名手カプソンは2年前にリリースされたベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集が素晴らしかったが、それ以来リリースが途絶えていたが、ようやく新譜が出たので早速入手した。最近の新日本フィルのコンサートで目覚ましい演奏を披歴したハーディングがウィーン・フィルを指揮しているのも楽しみだ。

バレンボイム/シュターツカペレ・ベルリンによるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集


ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集
 バレンボイム(pf)/シュターツカペレ・ベルリン
 デッカ 2007年ライヴ 4783515
4783515

ダニエル・バレンボイムの弾き振りとシュターツカペレ・ベルリンの伴奏によるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集。英デッカの新譜。2007年ドイツ、ボーフム・ヤールフンデルトハレでのライヴ録音。

バレンボイムのベートーヴェンの新譜としては、ウエスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラを指揮した交響曲全集が先般リリースされたが、続いて手兵シュターツカペレ・ベルリンを弾き振りしたピアノ協奏曲全集がリリースされたのでこちらも入手した。ピアニストとしては3度目の全集録音となる。

バレンボイムの弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲といえば個人的に思いだされるのが2005年のシュターツカペレ・ベルリン来日公演。演目は協奏曲第3番だったが、強靭な構築性を帯びた格調高いピアノの表現力もさることながら、ピアニストとしても指揮者としても世界のトップ水準にあるという点において、ほとんど無二ともいうべき音楽家の実演を目の当たりにして、全身これ音楽とさえ思えるようなバレンボイムの天賦の才に、あらためて驚嘆の念を抱いたことを覚えている。

ザンデルリング/スウェーデン放送交響楽団によるショスタコーヴィチ交響曲第8番


ショスタコーヴィチ 交響曲第8番
 ザンデルリング/スウェーデン放送交響楽団
 ヴァイトブリック 1994年ライヴ SSS01352
SSS01352

クルト・ザンデルリング指揮スウェーデン放送交響楽団の演奏によるショスタコーヴィチの交響曲第8番。独ヴァイトブリックの新譜。1994年ストックホルム、ベルワルドホールでのライヴ録音。

ザンデルリングがスウェーデン放送響を指揮したライヴ盤としては先般リリースされたシューベルトの「グレート」が素晴らしかったが、続いてショスタコーヴィチとブラームスのライヴ盤が2枚同時にリリースされたので両方とも入手した。

ザンデルリングのショスタコーヴィチ8番といえばベルリン交響楽団を指揮したドイツ・シャルプラッテンの録音が思い出される。これは1976年の録音で、文字通りザンデルリングならではのスロー・テンポ(特に第3楽章がすさまじい)に基づく重厚な演奏様式が独特だったが、今回リリースのスウェーデン放送響とのライヴでは、それよりも更に演奏タイムが長くなっているようだ。

ザンデルリング/スウェーデン放送交響楽団によるブラームスの交響曲第4番


ブラームス 悲劇的序曲、交響曲第4番
 ザンデルリング/スウェーデン放送交響楽団
 ヴァイトブリック 1997年・90年ライヴ SSS01342
SSS01342

クルト・ザンデルリング指揮スウェーデン放送交響楽団の演奏によるブラームスの悲劇的序曲および交響曲第4番。独ヴァイトブリックの新譜。1997年(悲劇的序曲)および1990年(交響曲第4番)ストックホルム、ベルワルドホールでのライヴ録音。

周知のようにザンデルリングはドイツ音楽の中でも特にブラームスを得意とし、ドレスデン・シュターツカペレとの交響曲全集およびベルリン交響楽団との2度目の交響曲全集という珠玉の録音を残している。今回リリースのスウェーデン放送響との4番は時期的にはベルリン交響楽団との録音と同年であり、あの驚異的なスロー・テンポに基づく音楽の揺るぎない構築感がライヴ演奏でも同様に再現されているか、じっくりと聴いてみたい。

下野竜也/読売日響のマーラー「復活」(9/1 東京芸術劇場コンサートホール)の感想


昨年の4月から改修工事を行っていた東京芸術劇場が改修を終え、装いを新たにオープンした。これまでの大ホールは「コンサートホール」という名称に変更された。

そのリニューアルオープン記念演奏会としてマーラー「復活」が下野/読売日響により演奏されるというので聴きに行ったが、ホールに到着すると建物の外観からして従来と大きく異なっていた。あの独特の長大なエスカレーター(あれは高所恐怖症の人などには結構きつかったと思うが)が踊り場を挟んだ2段式に変えられていた。ホールに入ってみると従来の大理石の壁面に木材が加わっていて、シックに落ち着いた雰囲気となっていた。真新しいシートの座り心地もいい。

下野竜也の指揮により披歴されたマーラーは正攻法というよりは王道風という趣きであり、安定感のある中庸なテンポをベースに粛然とアンサンブルの歩を進め、強弱や緩急の動きはマーラーの指示の範囲内でキメ細かく表現するが、それ以上のデフォルメは厳しく慎む、という按配。丁寧で精緻な表現ながらマーラーにしては全体的に起伏感が大人しく、確かに局所効果には乏しい演奏だったが、反面モチーフを緻密に積み上げていって大いなるカタルシスを築き上げるという大局的な構築力に関しては一級の迫力がみなぎり、その点では聴いていて感嘆を禁じえなかった。

下野のマーラーというと聴く前は正直あまりイメージが湧かなかったが、その折り目正しい正調のマーラーを聴いているうち、もしかすると下野の師匠筋の指揮者であり、大阪フィルの指揮研究員時代に薫陶を受けた朝比奈隆の影響からくる表現ではないかと考えた。マーラーの交響曲は「第2」から始まる、という見識の持ち主だった朝比奈は、マーラーの中ではこの「復活」をレパートリーとして特に重視したが、局所効果を狙わずに独自の大局感をもって構築的に音楽をまとめあげるその手法は朝比奈ゆずりの発想からくるものではなかったか。

リニューアルされたホールの新しいアコースティックの印象としては、残響度や解像度などは特に大きな変化は感じなかったが、従来よりも幾分か響きが上品化しているような感覚があった。ことに終盤の声楽のくだりでの天上の響きは、このホールでも以前はちょっと耳にした覚えがないくらい清らかな美しさだった。

下野竜也/読売日響のマーラー「復活」(9/1 東京芸術劇場コンサートホール)


9/1 東京芸術劇場コンサートホール
     リニューアルオープン記念演奏会

2012-9-1a

演目:マーラー 交響曲第2番「復活」

指揮:下野竜也
管弦楽:読売日本交響楽団

ソプラノ:小川里美
メゾソプラノ:清水華澄
合唱:東京音楽大学

2012-9-1b
開演前の様子

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.