ミケランジェリの1965年来日ライヴ


モーツァルト ピアノ協奏曲第20番
&ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
 ミケランジェリ(pf) ローハン/読売日本交響楽団
 Altus 1965年ライヴ ALT274
ALT274.jpg

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリのピアノ演奏とイントリッヒ・ローハン指揮、読売日本交響楽団の伴奏によるモーツァルトのピアノ協奏曲第20番およびベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」。Altusの新譜。1965年東京文化会館でのライヴ録音。

アルトゥスから3点同時リリースされたミケランジェリのヒストリカル盤のひとつで、こちらはミケランジェリ初来日のコンサートの記念碑的ライヴ。ミケランジェリの得意としたベートーヴェン「皇帝」の録音としても一昨年リリースのトリノRAI交響楽団とのアルタラ盤以来ひさしぶりのリリースということもあり早速入手した。

ゲルバー&デッカー/ミュンヘン・フィルによるブラームスのピアノ協奏曲第1番


ブラームス ピアノ協奏曲第1番
 ゲルバー(pf) デッカー/ミュンヘン・フィル
 Warner 1965年 2564635354
2564635354.jpg

ブルーノ・レオナルド・ゲルバーのピアノとフランツ=パウル・デッカー指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の伴奏によるブラームスのピアノ協奏曲第1番。1965年ミュンヘンでのセッション録音。

これは今月ワーナーから再発されたCDだが、ゲルバーのブラームス1番は最近Auditeから出た1963年ベルリン・デビュー・ライヴの演奏が期待以上に良かったのでこちらも入手した。

セル/チェコ・フィルによるドヴォルザーク交響曲第8番(1969年ルツェルン・ライヴ)


ドヴォルザーク 交響曲第8番
 セル/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 Audite 1969年ライヴ AU95625
AU95625.jpg

ジョージ・セル指揮チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏によるドヴォルザーク交響曲第8番。独Auditeの新譜。1969年ルツェルン音楽祭でのライヴ録音。ほかにジョージ・セル指揮ルツェルン祝祭管弦楽団の演奏によるブラームス交響曲第1番も収録されている。こちらは1962年ルツェルン音楽祭でのライヴ録音。

ジョージ・セルのドボ8といえば有名な最晩年のクリーブランド管弦楽団との録音が思い浮かぶが、ちょうどそれと同じ時期のライヴ録音ということで早速入手した。

デュ・プレとゲルバーの1963年ベルリン・デビュー・ライヴ


シューマン チェロ協奏曲&ブラームス ピアノ協奏曲第1番
 デュ・プレ(vc) ゲルバー(pf)アルブレヒト/ベルリン放送響
 Audite 1963年ライヴ AU95622
AU95622.jpg

ジャクリーヌ・デュ・プレのチェロ独奏によるシューマンのチェロ協奏曲、およびブルーノ=レオナルド・ゲルバーのピアノ独奏によるブラームスのピアノ協奏曲第1番。独Auditeの新譜。

デュ・プレとゲルバーが協奏曲のソリストとしてベルリン・デビューした1963年3月のコンサートのライヴ録音であり、オーケストラ伴奏は双方ともゲルト・アルブレヒト指揮ベルリン放送交響楽団が務めている。

周知のようにデュ・プレは1961年のロンドン・デビュー直後にEMIと契約を結び、室内楽作品の録音をリリースしていたが、協奏曲のEMIへの録音は1965年まで行われておらずライヴ録音にしても、デビュー直後の協奏曲の録音としては1962年のイベールくらいしかないので、この時期の彼女の本格的な協奏曲の録音となる本ディスクには貴重な印象を感じる。

いずれにせよ悲運の天才チェリストであるデュ・プレ弱冠18歳の時のライヴ、じっくりと聴いてみたいと思い入手した。

カーゾン&ボールト/ロンドン・フィルによるモーツァルトのピアノ協奏曲第27番


モーツァルト ピアノ協奏曲第27番ほか
 カーゾン(pf) ボールト/ロンドン・フィル
 Testament 1961年ライヴ SBT1486
SBT1486.jpg

クリフォード・カーゾンのピアノ演奏とエードリアン・ボールト指揮ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の伴奏によるモーツァルトのピアノ協奏曲第27番。英テスタメントの新譜。1961年ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ録音。余白にはカーゾンのピアノ演奏によるシューベルトの即興曲D.899全曲および「楽興の時」第3番が入っており、こちらは同年のエディンバラ、アッシャー・ホールでのライヴとされる。

すでに多くの録音がリリースされているカーゾンのモーツァルト27番、名盤の誉れ高いのは1970年のスタジオ録音(ベンジャミン・ブリテン指揮イギリス室内管弦楽団の伴奏)だが、個人的には1964年のザルツブルグでのライヴ(ジョージ・セル指揮ベルリン・フィルの伴奏)も気に入っている。その3年前のライヴが今回テスタメントからリリースということで早速入手した。

ハイフェッツとピアティゴルスキーのRCAへの室内楽録音全集


「ハイフェッツ&ピアティゴルスキー RCA室内楽録音全集」
 ハイフェッツ(vn) ピアティゴルスキー(vc)ほか
 RCA 1950~1968年 88725451452
88725451452.jpg

先月RCAからリリースされたCD21枚組のボックスセット。

ヤッシャ・ハイフェッツとグレゴール・ピアティゴルスキーが同レーベルに録音した全ての室内楽アルバムが集成されているとのこと。

Powered by FC2 Blog
Copyright © クラシックCD感想メモ All Rights Reserved.